2018年11月

2018年11月2日
課題図書:「そして誰もいなくなった」アガサ・クリスティ
IMG_0351

今回の課題図書は往年の名作。
ミステリー小説としてはほぼ完璧な作品。
接点のない男女10名が孤島に集められるところから物語は始まります。
滞在する屋敷に飾られている詩になぞらえて、一人また一人と殺されていく…

とても有名な作品のため、読んだことがあるメンバーも多数いました。
初読メンバーの感想に関しても、
・緊張感がすごい
・今までのアガサ作品で一番ドキドキした
・犯人にびっくり
・読みやすかった
など、概ね好評価。

我が会にはアガサ作品を全作読破しているツワモノも。
そのツワモノいわく、本作はプロットが素晴らしく、アガサは天才だと思い知らされます。
これを機会に他の作品に興味を抱いたメンバーも多数。
そして次に読むのは「アクロイド殺し」がいいのではと盛り上がり、
次回の【裏】課題図書となりそうです。

**以下、ネタバレを含みます。未読の方はご注意ください。**

本作は2部構成となっており、
1部では物語の主要部分つまり事件の一連が描かれ
2部で犯人および事件の真相が明らかに。

2部で明らかになる犯人の異常な殺人欲。
事件を裁くはずの判事が、殺人に手を染める。
行き過ぎた正義感が狂気になることの恐ろしさが見事に描かれていました。
その点を印象深く思ったメンバーも多かったようです。

犯人の異常性について盛り上がりましたが、
もうひとつ議題になったテーマが。
人間は閉鎖された異常状況では平常心が保てず、
パニックになって想定外な行動を起こしてしまうということ。
どんどん人数が減っていき、じわじわ蔓延していく猜疑心。
隣のこいつが犯人かもと思い続けて過ごす息苦しさは想像を絶しますね。

猜疑心が勝り、最終的にあんな悲劇が…
9人目と10人目の殺害方法は本当にお見事でした。

******************************

ミステリー小説を読んでいて、いつも思うことですが

犯人を当てられたことがない

そして今回ももれなく犯人当てられなかったのですが
それ以上に「まさか、あなたがっ!」とびっくり仰天する結末に
ただただ脱帽するしかない爽快な読書体験でした。