2020年2月

2020年2月1日
第165回課題図書:「流れる」幸田文

読み応えのある女流作家の作品を読んでみたい。
幸田露伴の娘として育った作家の作品、面白そう。
花柳界の話?知らない世界の裏側も、わくわくする~。
そして選書させていただいたのが 幸田文(あや) さんの「流れる」

ストーリーは、ざっくり言うと、戦後の花柳界を、「梨花」という名の主人公の「女中」の目線から描いた小説です。
1954年にデビューした作家の1955年の作品。(56年に映画にもなります。)
初期の作品ということになりますが、
この作品の面白さであり、最大のミステリーは、主人公の「梨花(りか)」。
女中でありながら、突然入り込んだ置屋で、次々に人の心をつかみ、うちに来ないかとヘッドハンティングもあれば、芸事の良し悪しもわかる。
ただの「しろうと」じゃないなと、ページを進めるも、最後まで!その正体はわからない!
これぞ、赤メガネの会でも、初めての経験!?
しかし、そのことに文句が出ないほど、物語の真ん中に立つ「梨花」の目線で、花柳界を楽しませてもらいました。

メンバーそれぞれの最初の感想は、真っ二つ!
「文豪見つけた!」というメンバーもいれば。独特の文体のリズムに苦労したメンバーも。
人物が多く混乱したメンバーもいれば、京の友人の置屋で見た景色を思い出すメンバーも。
着物や、当時の言葉、お金の価値など、時代背景を調べながら楽しんだメンバーもいれば、
昭和初期や花柳界には、興味がないことが分かったメンバーも。
「近年読んだ中で、一番良い本だった」というメンバーは、銀座8丁目で置屋を営んでいた自身の曽祖父の体験を重ね、花柳界の浮き沈みを読み取っているのも、印象的でした。

文章の中には、「くろうと」「しろうと」という言葉が何度も使われますが、互いが互いを、怖がっているのが、面白くもあり。
「くろうと」が「粋」で、「しろうと」が「野暮」かというと、素人っぽいものが、受ける世界も。(キャバクラと銀座のクラブにも通じるものが?)
流れるの中で描かれる「没落していく置屋」でも、「くろうと」ならでは、食べ物や着物、犬の葬儀など見栄を張る場面が描かれていましたが、
「粋」か「野暮」かは、感じ方次第。でも、気風のいい生き方に、読後感は上々。
「粋になりたい」「粋と呼ばれたい」と、つぶやくメンバーに大きく頷くのでした。

余談ですが、「流れる」の表紙の文字は、「緑色」をぜひ。
「青色の流れる」バージョンは、文字が小さく大変だったそうで。
お聞き流しないよう。。。