2017年6月

2017年6月3日
課題図書:「楽園への道」マリオ・バルガス=リョサ
IMG_1103

スタンダードな英・米・仏の海外文学もいいけれど、それとは違う不思議な読後感を味わいたいのなら、ラテンアメリカ文学を。
ということで、今回課題図書になったのは、そのラテンアメリカ文学の巨匠と言われ、
ノーベル文学賞受賞者でもあるペルー出身の作家 マリオ・バルガス=リョサの2003年の作品「楽園への道」。
この作品では、画家ゴーギャンとその祖母で社会活動家フローラ・トリスタンの半生が、章ごとに交互に語られています。
ページ数は、632ページ。主人公二人合わせて約100年の歴史が、ここにあります。

フローラは、自分の経験をきっかけに、労働者や女性を、不利な状況から解放したい!という“人”のためにあるのに対し、
ゴーギャンは、ヨーロッパ芸術を否定し、原始文化を求めるあまり、本能的で自分勝手に生きる様が見てとれるのですが、
祖母と孫に共通するものは何なのか?
そんなこともふまえつつ、この作品について赤メガネのメンバーと読書会。

寸評としては、
「パラレルに物語か描かれているので、飽きることなく読了できた。」
「読んだあと、達成感をおぼえた。」「ゴーギャンについて、詳しくなれた。」
「二人が亡くなるシーンが印象的。」
という意見がある中で、
「海外文学の世界観は、なかなか入り込めないせいか、冗長に感じた。」
「今の時代、まだフローラが思い描いた社会になっていないのではないだろうか。」
「ゴーギャンという人の生き方は、嫌いです。」
という容赦のない感想もありました。

その他に、この物語の魅力のひとつとして挙げられたのは、主人公二人のことを第三者的な目で、
“語りかける人“がいるということ。それは、神なのか?作家であるリョサなのか?
答えは、読む人に委ねられるようです。
さらに、フローラとゴーギャンには、性別にとらわれず、性的な関係を持った相手があったことが記述されていたこともあり、
“性”と“セクシャリティ”についても、意見が交わされました。今の時代だからこそ、柔軟に、活発に話せることだったのかもしれません。
「男は女を、女は男を愛するべき。」という古き考えは、一体誰が決めたんでしょう?
ちなみにこの物語の中には、”マフー”という男と女の性を持つ人物が登場します。みんなで話したくなる要素が、この本にはぎっしり!
もちろん、ゴーギャンの遺した数々の作品も出てきますし、画家ゴッホについても、語られています。

最後に、今回の課題図書に興味を持たれた方に、赤メガネの会からご提案。メンバーのひとりが教えてくれた読み方です。
六人部昭典さんの「もっと知りたいゴーギャン 生涯と作品 」
を携えて読むと、より深くこの作品を楽しめるのではないかと。

赤メガネのメンバーは、文学だけでなく、美術に関してもただいま探求中です。