2018年2月

2018年2月2日
課題図書:「田園の憂鬱」佐藤春夫
IMG_1250

今回の課題図書の著者は佐藤春夫(1892−1964)。
谷崎潤一郎との間に起こった、“細君譲渡事件”で知っている人もいると思いますが、
彼の作品となると、同じ世代の文豪と比べると昨今は、読まれる機会は少ないように感じます。
比較的大きな書店でも、「買うのに苦労した。」なんてメンバーもいました。
さて、第131回目の赤メガネの会では彼の作家生活のなかの初期、
1919年に発表した『田園の憂鬱』について皆で語り合いました。
『田園の憂鬱』は、著者が都会の生活に疲れ、当時の内縁の妻と犬、猫を連れ、
今の横浜市青葉区鉄町に移住した様子を描いた私小説の形を取っています。

しかし、良くなるどころかさらに病状を悪化させていく様が美しく叙情的な文章により描かれています。
前回の課題図書カズオ・イシグロの『忘れられた巨人』同様に、読むのに苦労してなかなか進まなかった人と、
苦労したわけではないが、スラスラとまでいかない人に分かれました。
つまり、ワクワクしながら読み進められたメンバーは皆無でした。

「憂鬱という感情がそもそもわからない」
「特にドラマティックな展開があるわけではない」
「病まないためには動けば良いのに」
「病気の描写が少しおとなしめなのでは?」
「詩人なので病的な表現も美しい」
「主人公が男性的魅力に欠ける」
という女性メンバーからの辛辣な意見も。

「この小説はサイケデリックのはしりなのでは?」
「西洋の芸術のシンボルの薔薇(そうび)を効果的に使い、自己の病状ですら芸術に昇華しようとする姿が美しい」
「やらなくてはいけないことはわかっているんだけど、何も動かずに状況を悪化させていくことはわかる」
との男性メンバーの意見も。
いつもの会と同様に、様々に、そして活発に意見を交換させました。

今回取り上げたもののような“芸術度”が高い作品の場合「書いてあることがよくわからない」と感じることは多々あると思います。
読書経験のかなりある人でも、読み進めるのに苦労するポイントのようです。
しかし「わからない」それは悪いことなのでしょうか?
「わからない」から面白くない作品なのでしょうか?
「わからない」それは逆に素晴らしいことではないでしょうか?
今回のように、多種多様な意見が飛び交い「わからない」ことで、他人の意見にも耳を傾け真剣になれるのですから。

会も最後になった時にメンバーの一人が『田園の憂鬱』を「面白かった」と評したことに読書、この赤メガネの会の真髄を感じられたように思います。
それは様々なジャンル、自分の不得意な分野の本をも読むことで“許容力”が養われること。
そして多種多様な意見に触れることによって、作品を、自分とは違う視点で、もう一度見つめ直すことができること。

今宵も良い会だったと満足し、メンバーの何人かは夜の街へと「それぞれの憂鬱」を解消するために、消えて行きました。