2021年11月

2021年11月6日
第193回課題図書:「幕末の青嵐」木内昇

映画「燃えよ剣」の公開に合わせ、司馬遼太郎の原作を読んだ。激動の幕末を戦った新選組の活躍を、その中心人物であった土方歳三を主軸に語るこの物語は、文句なしに面白く、読みやすい新選組初心者の自分にはぴったりの1冊だった。 しかし、この本を読み終わったときに満足感と共に残ったもう一つの感想は「新選組について、もう少しちゃんと知りたい」ということだった。誰でも名前くらいは聞いたことがある土方、近藤、沖田ら、いわゆるメジャー隊士だけでなく、物語の背景として描かれていた他の新選組隊士や周囲の人々について興味が湧いてきた。新選組をもう少し詳しく知る。その観点では今回の課題図書となった「幕末の青嵐」は最適な選書だったと思う。本書では新選組の結成前から鳥羽伏見の戦いまでの出来事が、新選組隊士や彼らに関わりを持った人たちの視点で順に語られる。これまで映画やドラマ、漫画などで描かれてきた新選組エピソードに沿いながらも、それを違った視点から見せてくれる。例えば、芹沢鴨や伊東甲子太郎ら後に敵対する人物や、佐藤彦五郎のような新選組を外側から支えた人物。さらに武田観柳斎といった隊士の中でも普段あまり語られることの無さそうな人物まで。それぞれの心情や行動に共感できる部分を見つけることができた。

 今回、参加した赤メガネメンバーの中には、自分のような新選組初心者や、昔から新選組が好きという人、新選組の人切り=暴力という手段に共感できないという人もいて、立ち位置は様々。新選組が歴史の中で果たした役割については賛否両論あったが、攘夷だ!開国だ!と人も社会も刻々と変わっていく状況の中で、ぶれない信念を持って生きていたという点については、全員が認めるところだった。本書を通じて新選組を語ることができてよかったと思う。

最後に赤メガネメンバーの推しメン(=本書を読んで誰が一番印象に残った新選組メンバー)を発表します。

シゲさん⇒ 沖田総司 – 何かふわふわ生きている。考え方が柔軟で生き方がブレない。可愛い奴。

知子⇒ 土方歳三 – 剣も使えるし、気配りもできる。そしてリーダーシップもあり、本当にこんな人がいたのか?と興味が湧いた。

靖子⇒ 佐藤彦五郎 – 近藤や土方を支えた存在。彼らを羨ましく想いながらも、彼らを盟友と呼べるところが素晴らしい。

はせまり⇒ 山南敬助 – 一番感情移入できた。でももし自分がこの時代にいたら近藤さんについていくと思う。

僚子⇒ 武田観柳斎 – 「任務、面倒臭い」とか言いながら仕事はちゃんとやるところが、すごい現代人っぽい。

佐野ピ⇒ 大鳥圭介 – 人脈もあり教養もあるが、現場ではうまくいかない、というところに共感する。

ケンケン⇒ 永倉新八 – 周囲からは冷静な人物と見られ、重要な任務を任されるが、内心は文句や悩みを抱いているところ。

─ 文・中村 健太郎 ─